優柔不断な父親の成長過程日記

育児仲間募集中の二児の父親。「子育て」「サッカー」を中心とした日記調ブログです。ショートショートで気軽に読めるブログを目指してます。

【Jリーグジャッジリプレイ番外編】VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)

 こんにちは、おふと申します。

f:id:offside0051:20190226125432p:plain

 「ヴィッセル神戸」の魅力を発信していきたいという、いちファンが勝手にヴィッセル神戸の魅力を綴っていきます。 

今回は「Jリーグジャッジリプレイ」についてです。

 

番外編として、来年から導入が予定されている「VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー」を特集していました。今回はその予習です。

 

  

 

ご存知ですか?「Jリーグジャッジリプレイ」

 

www.jleague.jp

毎節、審判が下したジャッジについて議論する番組です。

この番組に注目したいのはJリーグの原副理事長が出演している点。

さらに、日本サッカー協会審判協会から説明員を出している点です。

 

ここではJリーグのジャッジとしての見解を説明してくれるので、通常は「誤審」だったのかどうなのかがわかります。

今回はその番外編「VARについての予習」です。

 

 

VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)で押さえておくべきポイント

まずは動画を! 

【Jリーグジャッジリプレイ番外編】ビデオアシスタントレフェリー特集! - YouTube

↑動画はこちら

 

さて、「JリーグYouTubeチャンネル」で公開されている上記の動画をご覧いただけましたでしょうか?

見てもらえたら、ポイントはもうお分かりだと思います。

 

VARを使う場面は限られている

VARが適用されるケースは

  • 得点に関わるケース
  • PKに関わるケース
  • 一発退場かどうか
  • 人違いでイエローカード・レッドカードに関わるケース

に限定されています。

 

ポイントは「VAR」の対象は限られていて、なんでもかんでもビデオ確認をしてほしいとは言えない点です。  

 

それでも、これまでみたいに明らかに「ゴールラインを割っていない」とか得点に関わる誤審は訂正してくれそうです。 

 

ルヴァンカップ「鹿島×浦和」での杉本健勇選手のプレー(VARでのやりとり) 

今回の「Jリーグジャッジリプレイ」でよくわかったのは「主審」の判断が優先されることです。

「VAR」はあくまでも「アシスタント」であるという事がよくわかる動画になっています。

 

ルヴァンカップでの「杉本健勇選手」のプレーが例えとして提示されていました。

 

詳しい内容は動画をみていただければわかるのですが…

「佐藤主審」が「杉本選手のプレー」を「きっかけ」をつくるプレーをしているので、「VAR」がファールの可能性が高いと示唆しましたがブエノ選手のプレーに対してファールをとりませんでした。

 

つまり、「主審」が確信のあるジャッジに関しては「主審」の判断が優先されるという事です。

 

www.titiseityou.work

 

独善的なジャッジを下す「主審」なら、「VAR」があろうがあまり関係がないという事だと理解しました。

「主審」が誰なのか?を試合前に確認する作業はこれからも続きそうですね。

 

**************************************

ヴィッセル神戸に関するブログはこちらに沢山あります!

ぜひ、他のブログもチェックしてみてください。

 

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村


ヴィッセル神戸ランキング

 

 

 

www.titiseityou.work