優柔不断な父親の成長過程日記

育児仲間募集中の二児の父親。「子育て」「サッカー」を中心とした日記調ブログです。ショートショートで気軽に読めるブログを目指してます。

【他クラブのファンから視た】横浜Fマリノス事情(2019)

こんにちは、おふと申します。

f:id:offside0051:20190226125432p:plain

 「サッカー」の魅力を発信していきたいという、いちファンが勝手にサッカーの魅力を綴っていきます。 

 

今回は「2019年J1リーグ優勝直前・横浜Fマリノス」についてです。

 

 

 

「魅力的な攻撃的なサッカー」でJ1リーグを席捲した2019年の「横浜Fマリノス」 

「この街には、横浜F・マリノスがある。」

www.f-marinos.com

 

今年、日本でもっとも魅力的なサッカーをしているクラブ「横浜Fマリノス」。

その集大成になるのが、11/30の「川崎×横浜」だったと思います。

 

昨年のJ王者・川崎を4-1で破り、今年のJ1タイトルをほぼ手中におさめました。

もちろん、まだ最終節の「FC東京戦」が控えているので優勝したわけではありませんが…

 

shin-yoko.net

 

チケットは完売。

超満員の「日産スタジアム」で15年ぶりの優勝を決めれそうです。

 

【追記】横浜Fマリノス、15年ぶり4度目の優勝!

 

優勝おめでとうございます!

圧巻の64,000人、日産スタジアム。

クラブとしても、横浜のポテンシャルを見せつけたゲームでした。

 

素晴らしいクラブ、サポーターに敬意を!

素晴らしいチャンピオンの復権でした!!

 

 

 

「偽SB」に象徴される最先端のサッカー戦術を導入できた「横浜Fマリノス」

 なぜ、「横浜Fマリノス」のサッカーが魅力的だったのか?

それは、「偽SB」「補助CB」などの最先端と言えるサッカー戦術のトレンドを高い完成度で実践しているからです。

マリノスのサッカーが進化したのは、間違いなくこの事が原因です。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

「マンチェスターシティ」から直接取り入れたサッカー戦術

ポステコグール監督の指導力・選手の戦術実践能力があるのはもちろんですが、最先端のサッカー戦術導入は「シティー・フットボール・グループ(CFC)」の存在が大きいと推測します。

 

CFCは、5年前から「横浜Fマリノス」が発行する株式の20%弱を保有する「マンチェスターシティ」の持ち株会社です。CFCはマリノスのほかにも世界に8つのサッカークラブの経営に参画しており、イングランドプレミアリーグのノウハウを他国のリーグで実践しています。

 

選手育成も「マンチェスターシティ流」に!

有望な若手選手を獲得し、他カテゴリーのクラブで武者修行した後に自クラブの主力選手として活用する。

 

この選手育成パターンは「マンチェスターシティ」がプレミアリーグでの成功例です。

規模としては世界的に行っていますが…。

例えば…

  • 板倉 晃選手 → マンチェスターシティ移籍後、FCフローニンゲンにレンタル移籍
  • 食野 亮太郎選手 → マンチェスターシティ移籍後、ハーツにレンタル移籍

 

このように世界中の有望選手を獲得し、他国リーグにレンタル移籍をさせています。そのなかで、実績を出した選手を「マンチェスターシティ」に呼び戻す選手育成方法です。

 

はっきり言って、人気クラブしかできない選手育成方法です。

 

「横浜Fマリノス」はこれの日本版をやり始めています。

  • 和田 昌士選手 → 秋田
  • 山田 康太選手 → 北九州
  • 椿 直起選手 → 北九州
  • 町野 修斗選手 → 北九州
  • 生駒 仁選手 → 北九州
  • 堀 研太選手 → 秋田
  • 原田 岳選手 → 相模原

これだけの選手がJ3へレンタル移籍をしています。

選手育成法も「マンチェスターシティ流」が上手くいくのか?

注目していきたいと思います。

 

「横浜Fマリノス」の親会社が変わる?

「鹿島アントラーズ」の親会社が「メリカリ」に変わったように、「横浜Fマリノス」もそういった噂ができています。

 

news.livedoor.com

 

Jリーグは以前から日本法人を設立しておけば、外資でも問題がないという見解をすでに表明しています。

「横浜Fマリノス」に興味を示している企業は「外国資本」。

すでにCFCという外資を受け入れている横浜にとっては、他のクラブよりもハードルが低いと思います。

 

www.sanspo.com

 

横浜にとって、至上命題は「クラブハウスの確保」

「横浜Fマリノス」が外資を受け入れるだろうと予想する理由は「練習場の整備」というはやく解決しなければならない問題を抱えているからです。

 

日本最大の「日産スタジアム」をホームにしていますが、以前にクラブハウスを構えていた「みなとみらい地区」から撤退したあと、クラブハウスがない状況です。

 

www.soccerdigestweb.com

 

そこで横須賀市を練習拠点にして、クラブハウスを構えようと目論んでいます。

 

www.kanaloco.jp

 

外国を受け入れ、変革する「横浜Fマリノス」

僕からは「横浜Fマリノス」は、港町らしく「外国」を受け入れた変革するクラブに視えました。

 

「最先端のサッカー戦術」「プレミア強豪クラブの選手育成方法」「外資の受け入れ」がマリノスをどのように導くのか?

注意深く見守っていきたいと思います。

 

**************************************

ヴィッセル神戸に関するブログはこちらに沢山あります!

ぜひ、他のブログもチェックしてみてください。

 

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村


ヴィッセル神戸ランキング

 

www.titiseityou.work