優柔不断な父親の成長過程日記

育児仲間募集中の二児の父親。「子育て」「サッカー」を中心とした日記調ブログです。ショートショートで気軽に読めるブログを目指してます。

【あつまれ どうぶつの森】レビュー1:世界観に癒やされます!

こんばんわ。

おふと申します。


f:id:offside0051:20200328092143j:image

 

今回の記事はニンテンドースイッチ用ゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」をプレーした感想についてです。

 

 

 

 

www.titiseityou.work

 

 

「どうぶつの森」の世界観に癒やされる

新型コロナウィルスで外出もままならない今日この頃、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

 

サッカー好きな僕としては「Jリーグ」も中断し、サッカーがない週末はなんだか寂しいです。

さらに、この3連休は神戸⇔大阪の移動自粛などなんだか息苦しさを感じる春になりそうです。

 

家族で楽しめる「あつまれ どうぶつの森」をしませんか?

さて、そんな息苦しい世の中ですが家族では仲良く過ごしたいですよね。

そんなご家庭に家で楽しめる「ゲーム」はどうでしょうか?

 

僕が期待するニンテンドースイッチ用ソフト「あつまれ どうぶつの森」!

 今回はレビュー1回目として、ゲーム序盤の感想を記事にしたいと思います。

 

1回目のレビューのプレー時間は約1時間半。

仕事を考えると睡眠時間を削るわけにはいかないので、長時間プレーすることはできません。

社会人はつらいのです…。

 

ゲーム序盤の流れ
  1. ユーザーキャラクター作成
  2. 無人島が「北半球」にあるのか?「南半球」にあるのか?を選択
  3. 無人島の地形を選択
  4. 無人島に持っていく物を質問される
  5. 島の住人との顔合わせ
  6. テントの位置を決める
  7. 島の名前を決める
  8. スマホをもらう

 

序盤のチュートリアル的な流れは以上です。

このチュートリアルが終われば、自由に行動ができます!

 

最初の重要な選択は「テントの場所選び」

北半球?南半球?や島の地形など重要な選択を最初に選ぶことになります。

 

でも、もっとも重要だと思うのが「テントの場所選び」!

僕は釣りがしやすい海辺を選択…。

 

今後はここが生活の拠点になります。

 

 

発売前の事前情報によると、将来的にはテントからマイホームへと発展できるようなのでその後が楽しみです!

 

博物館(フータ)がやってくるらしい

自由に行動ができるようになると、あとはだらだらスローライフを満喫できます。

スローライフをするには、まずは道具が必要です。

 

案内所にいるたぬきちに声をかけると、DIYで道具を作ることができました。

 

作れたのは2種類の道具

  • 釣り竿
  • 虫あみ

 

これをつかって5種類の生き物を捕まえてくると、ストーリーが進行しました。

どうぶつの森シリーズではお馴染みの博物館館長の「フータ」が無人島に来ることになります。

 

すぐではなく、明日なんですが…

フータがやってくるのが楽しみです。

 

序盤は「ほしくさのベット」でベル稼ぎ

どうぶつの森には「ベル」というお金があります。

これを序盤で少しだけ稼ぎやすい方法をご紹介したいと思います。

 

売りたいのは「ほしくさのベット」

 

必要な物は

  • はじめてのDIYレシピ(案内所で販売)
  • ざっそう 20個

 

「ざっそう」を集めて、「ほしくさのベット」をDIYで作って案内所で売るだけです。

 

販売価格

  • ざっそう 10ベル × 20個 200ベル
  • ほしくさのベット 400ベル

 

「ざっそう」を普通に販売するよりも「ほしくさのベット」にして販売すれば、販売利益が倍になります!

 

ひと手間かけてから販売するとお得ですよ!! 

 

プレー時間1時間半だとこの辺りまで遊ぶことができました!

 

序盤は少しずつできることが増えていく感じでした。

「シャベル」や「オノ」など、まだ手に入れていない道具がいつ手に入るのか?

今後のがほんとに楽しみです!!

 

たぬき開発の社長になった「たぬきち」

「どうぶつの森」で必ずお世話になるキャラクターが「たぬきち」。

今回も序盤からキーになるキャラクターでした。

これまではコンビニの店長など万屋の店主だったのですが、今作品では「デベロッパーの社長」に大出世していました。

 

 

「無人島移住パッケージプラン」という計画を推し進める「デベロッパーの社長」って、現実で言えば「胡散臭い人物」としか言えないと思うんですが…「どうぶつの森」の世界観では気の置けない存在になってしまいます。

 

 

…たぬきちの部下?の「まめきち」「つぶきち」に癒やされます。

 

心が癒やされる「どうぶつの森」の世界観こそが最大の魅力

ステージを「無人島」に移し、ニンテンドースイッチ用に生まれ変わった「どうぶつの森」。

 

短時間のプレーでしたが、どうぶつの森の「世界観」が変わっていないのだけは実感しました!

 プレーした感想は、なんて言うか「どうぶつの森」に帰ってきたんだって感じです。

 

進化したのは、DSみたいに携帯ゲーム機ではなく、テレビ画面でプレーできるのが画面が綺麗。

その綺麗な画質が影響したのが「服のデザイン」などのこだわりがさらにパワーアップしているのも良いと思いました。

 

現実の出来事をゲームで癒やすことができる「どうぶつの森」

新型コロナウィルスや株安などで荒んだ心を「どうぶつの森」の世界で癒やしてみてはいかがでしょうか?

 

現実ではできない「スローライフ」が楽しめるのが「最大の魅力」だと思います!

 

では、次回につづきます。