優柔不断な父親の成長過程日記

育児仲間募集中の二児の父親。「子育て」「サッカー」を中心とした日記調ブログです。ショートショートで気軽に読めるブログを目指してます。

【あつまれ どうぶつの森】レビュー2:4歳児にはまだはやい「同時プレー」

こんばんわ。

おふと申します。

 


f:id:offside0051:20200328092213j:image

 

今回の記事はニンテンドースイッチ用ゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」を「同時プレー」とした感想についてです。

僕の島の名前は「ホーカーハース島」。

その日常をレビューします。

 

 

 

 

「どうぶつの森」の同時プレーは4歳児にはまだはやい…

僕が「あつまれ どうぶつの森」に期待していた遊び方は…

 

ひとつのニンテンドースイッチで家族が一緒に遊べる「同時プレー」です!

 

具体的には

  • 奥さん
  • 長男(4歳児)
  • 次男(3歳児)

が同時に遊べたらいいなぁと思っていました。

 

www.titiseityou.work

 

家族が遊べる方法をつくっていた「あつまれ どうぶつの森」

「あつまれ どうぶつの森」では、ひとつのニンテンドースイッチで4人が同時に遊べる「同時プレー」が可能です。

つまり、僕がやりたいと思っていた「同時プレー」を実装しているのです。

 

「同時プレー」はメインとなるキャラが、たぬきちからからもらった「スマホ」で「住人を呼び出す」と一緒に遊ぶことができます。

 

その場合、

  1. リーダー
  2. フォロワー1
  3. フォロワー2
  4. フォロワー3

 

という感じで、各ユーザーのキャラクターに役割が振当てられます。

 

 

同時プレーのルール

同時プレーには簡単なルールがあります。

  • 「リーダー」の画面が各キャラクターの行動範囲になる
  • 「リーダー」以外のキャラが集めたアイテムは「リサイクルボックス」に入る
  • 「リーダー」の役割は簡単な操作で変更でき、誰でも「リーダー」になれる

 

テレビ画面がひとつしかないので、行動範囲を制限するのは仕方のないことだと思います。

 

このルールを尊重して、みんなで楽しく遊べるならまったく問題はありません。

 

4歳児の長男には「協調性」という言葉はない…(涙)

さて、今回紹介したい事は…

上記の「同時プレーのルール」を尊重してこそ、「同時プレー」を楽しむことができると言うことです。

 

うちの場合は「同時プレーのルール」を尊重しない4歳児がいました…。

 

 

この4歳児は「どうぶつの森」のゲーム操作自体はそこそこできるので「ソロ」だと遊べます。

ただ、「同時プレーのルール」を守る気がない「わがままプレー」!

 

例えば

  • 「リーダー」を要求し、「リーダー」になれなければ泣き落とし… → 親の良心を傷めつけます
  • 「リーダー」になってパチンコが楽しいので連打する → パチンコ発射画面が優先されるので、「フォロワー」が魚釣りしていても画面が切り替わる…迷惑プレー
  • 4歳児の「リーダー」が走って、どっかに行ってしまう → 「フォロワー」も強制的に移動…迷惑プレー

 

そんな事が続き、プレー1日目にして「家族で同時プレーは困難」と結論づけました。

 

ちなみに、4歳児はソロで「あつまれ どうぶつの森」のスローライフを楽しんでいます。

最初は道具の切り替えに四苦八苦していましたが、今はぎこちなくも切り替えできています。

 

長男に「協調性」と言う言葉が理解できるようになるまで、「同時プレー」は僕と奥さんだけにして、長男には時間を区切って遊ばす方向にしていこうと思います。

 

3歳児にはゲーム操作が難しそう

ちなみに、次男の3歳児には操作自体が難しそう。

あと、「どうぶつの森」のスローライフという遊びに魅力を感じないらしく、途中でコントローラーをポイしちゃいました。

 

「あつまれ どうぶつの森」を一緒に遊べるラインは3歳児と4歳児の間くらいかもしれません。

 

さらに、家族で同時プレーを使って「あつまれ どうぶつの森」を遊ぼうと思っているのなら、ポイントは「協調性」だと思います!

 

 

「あつまれ どうぶつの森」の為にコントローラーを購入

「あつまれ どうぶつの森」の同時プレーをしてみて、感じたのは「Joy-Con」だと操作しにくいという点でした。

 

「釣り」や「虫取り」はある程度の操作性が必要で、やっぱり普通のコントローラーが欲しくなりました!

 

 

そこで購入したのがこれ!


f:id:offside0051:20200321122515j:image

 


f:id:offside0051:20200321122541j:image


このコントローラを選んだポイントは

  • 子どもが使いやすそうな小さいサイズ
  • 無線
  • ジャイロセンサと加速度センサーが搭載

 

この3点です。

「どうぶつの森」だけなら「ジャイロセンサー」も「加速度センサー」もいらないのですが、念の為にあるものを選びました。

 

逆に省いたのは「振動」。

僕が探したコントローラの「振動」付きは、サイズが大きくなってしまっていたのが原因です。

 

子どもが使える小さいサイズで「振動」があれば、そっちの方がいいかもしれません。

 

今後はこのコントローラを相棒にして、「あつまれ どうぶつの森」を遊んでいきたいと思います。

 

次回に続きます。