優柔不断な父親の成長過程日記

育児仲間募集中の二児の父親。「子育て」「サッカー」を中心とした日記調ブログです。ショートショートで気軽に読めるブログを目指してます。

【2020年J1リーグ第6節】0-0「セレッソ大阪」

こんにちは、おふと申します。

f:id:offside0051:20190226125432p:plain

 「ヴィッセル神戸」の魅力を発信していきたいという、いちファンが勝手にクラブの魅力を綴っていきます。

 

今回は「第6節・セレッソ大阪」についてです。

 

 

 

 

2020年 J1リーグ第6節 △0-0 セレッソ大阪

大阪勢との2連戦となる今週のヴィッセル神戸。

その1戦目は「セレッソ大阪」。

 

「セレッソ大阪」には神戸でも活躍していた「戸倉選手」「藤田選手」が所属しているので気になるクラブです。

特に「藤田選手」は神戸での活躍に個人的にとても期待していた選手なので…。

セレッソでの活躍が物語っているように、「ポジショナルプレー」でキーになる選手だったと思います。

 

www.vissel-kobe.co.jp

 


【DAZNハイライト】セレッソ大阪vs.ヴィッセル神戸|2020明治安田生命J1リーグ 第6節

 

見たかった「セレッソ大阪」の黄金メンバー

まずは対戦相手の「セレッソ大阪」について。

 

関西のサッカーファンとして、「セレッソ大阪」に思うのは…

「香川真司選手」を中心にした黄金メンバーを見てみたかった。

 

セレッソ大阪に所属していた選手はものすごいメンツで、もし全員が残留してクラブに引っ張っていっていたら、ものすごいクラブになったのではないかと考えてしまうのです。

 

思い付く選手だけで…

  • 香川真司
  • 乾貴士
  • 柿谷曜一朗
  • 清武弘嗣
  • キムボギョン
  • 倉田秋
  • 家長昭博
  • 扇原貴宏
  • 山口蛍
  • 南野拓実
  • 水沼宏太

 

「海外移籍」「チームのサッカー観」などの要因がなければ、物凄いサッカーが観れたのではないかと残念に思ってしまいます。

 

「今のセレッソ大阪」を理解する為に知っておきたい「ロティーナ監督」

セレッソ大阪はユンジョンファン監督を擁して、2017年に「ルヴァンカップ」「天皇杯」の二冠を獲る事ができました。

 

2017年以前はタイトルを獲れそうで獲れなかった「クルピ路線」。

「クルピ路線」は「サッカーを楽しむ」。

それに比べて、「ユンジョンファン路線」は堅い守備を中心にとにかく走る事を求める「勝つ為のサッカー」。

 

まったく真逆のサッカーでタイトルを獲る事ができましたが…代償としてチームの方針で分断を招くことになります。

 

ユンジョンファン体制の2年目。

「勝つ為のサッカー」で勝てなくなると途端チームは崩壊していきます。

クラブも勝てない「勝つ為のサッカー」に期待できなくなり、タイトルを獲ったユンジョンファン監督を切る事を選択しました。

 

そこで白羽の矢が立ったのが、当時東京ヴェルディを率いていた「ロティーナ監督」でした。

「ロティーナ監督」は1992年からスペインで監督を務めている経験豊富な指揮官。

 

1995-96年シーズン「コパ・デル・レイ」では準々決勝で「ヨハン・クライフ監督」が率いる「バルセロナ」とも対戦しています。

 

今のセレッソ大阪のサッカーが実践しているのは「ロティーナ監督のサッカー」。

 

number.bunshun.jp

 

ロティーナ監督のサッカーは「守備的なポジショナルサッカー」。

主にスペインの弱小クラブを率いていたロティーナ監督は堅実な守備からチームを作っていきます。

 

ロティーナ監督がつくったセレッソはただ守るだけのチームはありません。

ポジションを細かく修正し、スキのないブロックを造る守備。

正しいポジションをとっているのでボールをつないでビルドアップから相手を崩していく攻撃。

 

Jリーグでも玄人受けする屈指のポゼッションサッカーをしているクラブが「セレッソ大阪」なのです。

 

神戸の守備に神戸サッカーの進化を感じた

「ロティーナ監督のサッカー」を完成度を高く実践している難敵・セレッソ大阪との対戦で僕が受けたヴィッセル神戸の感想は「神戸のサッカーは着実に進化している」ということです。

 

ほんと、しっかりとしたブロックを形成した守備で引き分けてくれました。

 

去年の7連敗していた頃…

しょぼいミスを繰り返し守れない神戸の守備を観ていただけに、今節の試合で「神戸のサッカー」が進化したと実感しました。

 

神戸の進化を物語っていた事

それは日本人だけで組んだ3バック。

  • 大崎選手
  • 渡部選手
  • 菊池選手

集中が途切れず、最後まで守れました。

 

去年は大崎選手とダンクレー選手だけでは守り切れないのでCBを中心に補強していたのですが…

以前から所属していた「渡部選手」の戦力化。

さらに、新戦力の「菊池選手」の充実。

 

DFの活性化が「神戸のサッカー」をより進化させてくれるのではないかと思います。

 

素晴らしいスイーパーキーパー「飯倉選手」

今節、最も輝いていたのがGKの「飯倉選手」だと思いました。

好セーブを披露した「キーパー」としての仕事も素晴らしかったのですが…

3バックとの連携が発揮された「スイーパー」としての仕事も素晴らしかったと思います。

 

神戸はキーパーにボールをつなぐ仕事を求めていますが、それが完璧だったと思います。

バックパスを来る時、相手FWのプレッシャーに対しても慌てずにボールコントロールをしていました。

神戸が求めるキーパー像を完ぺきにこなしていたのではないでしょうか?

 

次は「ガンバ大阪」戦。

セレッソ大阪とは違い、ポゼッションサッカーとしての完成度は低いのですが…選手のタレントはJリーグ屈指。

さらに「宇佐美選手」は「神戸キラー」と呼ばれるくらい、これまで神戸戦で得点を挙げています。

 

それでも、昨年よりも進化した神戸のサッカーで関西サッカーの雄をしっかりと倒して欲しいものです。

 

がんばれ!ヴィッセル神戸!!

 

**************************************

ヴィッセル神戸に関するブログはこちらに沢山あります!

ぜひ、他のブログもチェックしてみてください。

 

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村


ヴィッセル神戸ランキング

 

 

www.titiseityou.work