優柔不断な父親の成長過程日記

育児仲間募集中の二児の父親。「子育て」「サッカー」を中心とした日記調ブログです。ショートショートで気軽に読めるブログを目指してます。

【「Rakuten Mini」手帳型ケース】購入前に気をつけたい注意点 + ストラップホールを100均グッズで自作してみた

こんばんわ。

おふと申します。

今回の記事は人気のミニマムスマホ「Rakuten Miniの手帳型ケース」のお話です。

 

f:id:offside0051:20190226131058p:plain

 

今年6月から愛用している「ミニマムスマホ Rakuten Mini」。

  • 画面 3.6インチ
  • 重さ 79g

 

周囲の人たちからは

  • 画面が見づらくない
  • 操作しづらくない
  • どっかいかない

と余計なお世話を言われます。

正直「ほっといてくれ」と言いたくなる。

 

なぜなら、めっちゃ使いやすいから!

 

  • 軽い
  • ポケットに入っていても邪魔にならない
  • 「デザイング」がしやすい

 

欠点はふたつ

  • メモリの少なさ(RAM 3GB / ROM 32GB)
  • 一日もたないバッテリー (モバイルバッテリー必須)

 

その欠点を含めて、これまで使ったスマホの中では抜群の評価を僕はしています。

 

 

 

ミニマムだからこそ、気をつけたい「Rakuten Mini」手帳型ケースを購入する前のポイント

僕が愛用しているスマホ「Rakuten Mini」は前述したように、「小さい」というサイズが最大の特長になります。

 

この「小さい」からこそ、「スマホに対する自身のスタイル」がとても重要になってくるのですが…

 

そんな「Rakuten Miniの手帳型ケース」を買い替えたので、今回は「手帳型ケースを購入する前に気をつけたい注意点」を僕の経験を加味して、ご紹介したいと思います。

 

f:id:offside0051:20201013230413j:plain

 

「Rakuten Mini」は「首掛けスタイル」「手帳型ケース」が鉄板!

「小さい」「軽い」が特長の「Rakuten Mini」を持ち歩くなら、鉄板は「首掛けスタイル」!

 

f:id:offside0051:20201013232241j:plain

 

首から掛けても「小さく」「軽い」ので

  • 疲れない
  • 邪魔にならない
  • すぐに使える

 

この「アクティブさ」が「Rakuten Mini」の最大の魅力と言ってもいいと思います。

 

そこで僕がおススメしたいのが、首から落としても画面をしっかりと保護してくれる「手帳型ケース」です。

 

4ヵ月使った「wisers Rakuten Mini ケース 手帳型」 

これまで愛用していた「手帳ケース」が「wisers Rakuten Mini 手帳型ケース」。

 

  

f:id:offside0051:20201013232322j:plain

 

f:id:offside0051:20201013232730j:plain

 

ポイントは

  • ネックストラップがついている
  • ストラップホールが開いている
  • カードホルダーがついている

この3つがあれば、「首掛け手帳ケース」としては合格点です。

特に「カードホルダー」がついているとかなり便利です!

 

ただ、使っていて不満点がふたつでてきました。

 

ひとつ目は

  • 蓋がパカパカする

 

ケースの蓋の磁力が弱いので、首から下げている時に「パカパカ」してしまうのです。

横側に蓋を留める留め金もないです。

 

f:id:offside0051:20201013232454j:plain

 

胸ポケットに入れているので、あまり気にはなりませんが…。

 

ふたつ目は

  • ケース表面の耐久性が弱い

 

ケースの角から表面皮がめくれてしまいました…。

首から下げているので、雨に濡れてしまったのが原因なのかもしれません。

 

f:id:offside0051:20201013232411j:plain

 

新調したのは「Rakuten Mini 楽天ミニ ケース手帳型 PUレザー素材 YEZHU」

そこで新調したのがこちら!

 

 

f:id:offside0051:20201013232646j:plain

 

f:id:offside0051:20201013232706j:plain

 

  • サイドにマグネットがついているので「パカパカ問題」を解決
  • ケース表面の耐久性については「?」

 

f:id:offside0051:20201013233330j:plain

 

サイドのマグネットはしっかりとしているので、蓋をしっかりと固定してくれます。

これなら、胸ポケットに入れておく必要はないです。

 

使ってみて、気が付いたこと

  • ストラップホールが「上」側にある

 

これは新しい不満点です。

前に使っているケースは、ストラップホールが「下」にあったので、首から掛けていてもそのままスマホを使えていたのですが…

「上」にあるとスマホの上下をひっくり返す必要があります。

 

自分で「ストラップホール」を開けれるか考えてみようと思います。

 

その点を除けば、「まぁ満足」です。

 

「Rakuten Mini」手帳型ケースを購入する前に気をつけたい注意点

ではまとめようと思います。

 

「Rakuten Mini」を首から掛けて持ち歩く為に、手帳型ケースで購入前に気を付けたい注意点は

 

  • ストラップホールが「下」側についている
  • 蓋の留め具が「サイド」についている
  • カードホルダーがついている

 

これさえ抑えておけば、間違いない(はず)です!

 

【追記】100均でスマホケースの「ストラップホール」を自作してみた

スマホケースの下側にストラップホールがついていなかったので…

100均グッズを使って、自作してみました。

 

購入したのはこの3点。

f:id:offside0051:20201015142411j:plain

 

  • 下穴を空けるための「1穴パンチ」
  • ストラップホールに嵌めるハトメ玉をつけるための「ハトメパンチ」
  • ストラップホールを強化する「ハトメ替え玉」

 

この中で本当に必要だったのは「ハトメパンチ」だけでした…。

  • 「1穴パンチ」ではスマホケースに穴を空けれない
  • 「ハトメパンチ」に「ハトメ替え玉」が6個ほど付属されている

 

…さて、作業内容を説明します。

 

f:id:offside0051:20201015143321j:plain

 

1.ストラップホールの下穴の場所を決める

 

2.「ハトメ替え玉」をつかって、下穴をペンでなぞる

 

3.カッターナイフをつかって、下穴を空ける(ほんとはポンチが良いです)

 

f:id:offside0051:20201015143436j:plain

 

4.下穴に「ハトメ替え玉」をセットする

 

5.「ハトメパンチ」で「ハトメ替え玉」を取り付ける

 

6.「ハトメパンチ」で「ハトメ替え玉」を取り付ける

 

f:id:offside0051:20201015143556j:plain

 

詳しい「ハトメパンチ」の取り扱い方はこちら。

 

f:id:offside0051:20201015143040j:plain

 

作業としては簡単でした。

 

こんな感じになりました!

 

f:id:offside0051:20201015143700j:plain

 

100均グッズを使って改良した割には、うまくできたのではないかと思っています。

これから当分はこのスマホケースを愛用していきたいです。