優柔不断な父親の成長過程日記

育児仲間募集中の二児の父親。「子育て」「サッカー」を中心とした日記調ブログです。ショートショートで気軽に読めるブログを目指してます。

【2021年夏の移籍市場】チームプランが崩れたからこそできた「半端ない大型補強劇」(ヴィッセル神戸視線)

こんにちは、おふと申します。

 

f:id:offside0051:20190226125432p:plain

 

 「ヴィッセル神戸」の魅力を発信していきたいという、いちファンが勝手にクラブの魅力を綴っていきます。

 

今回は「半端ない大型補強劇」についてです。

 

2021年の夏…

ヴィッセル神戸の補強劇は物凄い事になりました。

その物凄い補強はなぜ行われたのか?

なぜ、FWだけを補強したのか?

 

その辺りをいちファンとして、しっかりと考えていきたいと思います。

 

 

 

 

チームプランが崩れた事を示す「アユブ・マシカ選手の契約解除」

2021年夏の移籍市場…

神戸は「半端ない大型補強」を行いました。

 


www.youtube.com

 

  • 大迫勇也 選手(FW)
  • 武藤嘉紀 選手(FW)
  • ボージャン 選手(FW)

 

と「日本代表のエース」を筆頭にビックネームを3人も獲得。

いちファンとしては、今後が楽しみで仕方がないです。

 

だがしかし…

この「半端ない大型補強」をしなければならなくなったのは、クラブが思い描いていたチームプランが崩れてしまったからとも言えるのではないでしょうか?

 

強化部が思い描いていたチームプランが崩れてしまった証左として、前節の柏戦での戦い方です。

 


www.youtube.com

 

劣勢のなか、守備陣は安定していましたが…

攻撃陣はほぼ攻める事ができずに、ロスタイムでの失点で敗戦。

 

古橋選手が抜けた現有戦力の攻撃陣では、ACLには届かない可能性が高い事が示されたゲームでした。

 

だからこそ、補強ポイントは「攻撃陣」だったのだと思います。

 

想定内であった「古橋享梧選手のセルティック移籍」と想定外であった「戦力化できなかった新加入選手」

今年のヴィッセル神戸におけるチーム編成を鑑みると…

エースストライカーであった「古橋選手」の海外移籍に準備していたように思います。

 

www.youtube.com

 

 

振り返ってみると

2021年開幕前の補強は

  • 廣永遼太郎 選手(GK)
  • 櫻内渚 選手(DF)
  • 井上潮音 選手(MF)
  • 増山朝陽 選手(MF) → 大分へ移籍
  • 櫻井辰徳 選手(MF)
  • リンコン 選手(FW) → 怪我で長期離脱中
  • アユブマシカ 選手(FW) → 契約解除

 

強化部が古橋選手の海外移籍を想定して、事前に獲得していたのが

  • リンコン 選手
  • アユブマシカ 選手

だと思われます。

 

その二人がまさかの戦力外…。強化部が思い描いていたチームプランが崩れ去ってしまいました。

 

この二人が戦力化されていたのであれば…

 

チームプランの練り直しを迫られた強化部と遅すぎた補強

チームプランを練り直した結果が「半端ない大型補強劇」。

早急に対応した強化部は仕事したとは思いますが…

 

今シーズンのタイトル獲得を考えると、少し遅かったのかもしれません。

 

ヴィッセル神戸の今後の日程は

  • J1リーグ24節 8/14 広島戦
  • 天皇杯4回戦 8/18 名古屋戦
  • J1リーグ25節 8/21 鹿島戦
  • J1リーグ26節 8/25 大分戦
  • J1リーグ27節 8/28 FC東京戦
  • J1リーグ28節 9/9 川崎戦

 

遅かった理由は、この日程です。

 

8/18の「天皇杯・名古屋戦」がターニングポイント

天皇杯奪還の為には「8/18 名古屋戦」が大きな難関。

 

各種報道を参考にすると…

ボージャン選手はいつ来日するかも未定との事。

まず、間に合いません。

 

大迫選手・武藤選手については、8月中の合流を目指しているとの事なので…

名古屋戦は厳しそうです。

 

つまり、名古屋戦は戦力値が落ちている新戦力合流前の神戸にとって、天王山になりそうなのです。

 

ボージャン選手は即戦力ではない

今回の補強で、少し毛色が違うのが「ボージャン選手」。

 

大迫選手と武藤選手はヨーロッパで開幕に向けて、コンディションを整えていました。

それに対して、ボージャン選手は無所属でした。

試合勘もそうですが、コンディションも微妙なはず。

 

神戸加入当初の「サンペール選手」「リンコン選手」と同じような状態であると思っていた方がいいと思います。

 

つまり、即戦力ではない。

 

試合勘が戻らないままに怪我で長期離脱中の「リンコン選手」もそうですが、「ボージャン選手」も起用法方が難しい選手になりそうです。

 

三浦監督はこれまで以上に難しいチーム運営に挑戦しなければならないようです。

 

【追記】

news.yahoo.co.jp

 

「半端ない大型補強劇」の効果がでるのは…来季以降?

  • 攻撃陣の現有戦力の力不足
  • 大迫選手・武藤選手の合流時期は8月下旬?
  • ボージャン選手・リンコン選手のコンディション不足・試合勘不足

 

上記、3つの理由から「半端ない大型補強劇」の効果がでるのは来期以降になるのではないかと推測します。

 

その推測を覆すように、がんばれ!ヴィッセル神戸!!

 

【8/22追記】

天皇杯・名古屋戦は0-1で敗戦。

残念ながら、短期的な懸念が現実となってしまいました。

 

それでも、8/21鹿島戦で武藤選手が途中出場で決勝点をアシストし勝利に貢献。

 

news.yahoo.co.jp

 

シーズン途中で攻撃陣を刷新した神戸。

早急に攻撃の形を形成できるのか?

注目していきたいと思います。

 

**************************************

ヴィッセル神戸に関するブログはこちらに沢山あります!

ぜひ、他のブログもチェックしてみてください。

 

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村


ヴィッセル神戸ランキング

 

 

www.titiseityou.work