優柔不断な父親の成長過程日記

育児仲間募集中の二児の父親。日々の日常で自分が知り得た育児テクニックなどを日記調ブログです。ショートショートで気軽に読めるブログを目指してます。

【2歳児】育児が楽になった理由(夜泣きがなくなった)【パパ育児】

こんばんわ。

おふと申します。

今回の記事は「下の息子が2歳になり、夜泣きしなくなった」のお話です。

では、いつもの寸劇からどーぞ。

f:id:offside0051:20190226131058p:plain

奥さん「つかれた…」

父親「お疲れ様」

奥さん「仕事、しんどい…」

父親「いつもありがとうね」

奥さん「今日はね、なんかがあってね、でなんかでね…」

 

奥さんの愚痴が「子育て」から「仕事」にシフトしてきました。

この4月に入ってからの大きな変化です。

 

 

www.titiseityou.work

 

 

「夜泣き」がなくなるだけで「子育て」は楽になる

下の息子が2歳になり、すこし子育てが落ち着いてきました。

 

うちの場合、一番つらかったのは「夜泣き」。

共稼ぎのうちでは、「寝不足」が一番つらかったです。

子どもが2人いて、1人が「夜泣き」すると、もう1人が起こされて泣き出します。

うちではこれを「もらい泣き」と呼んでいました。

 

www.titiseityou.work

 

「夜泣き」は防げない

いろいろと試行錯誤したのですが、「夜泣き」を防ぐことはできませんでした。

  • 寝た後の照明を常夜灯にしてみる
  • 寝た後の照明を完全に消す
  • 寝た後も音楽を流し続ける
  • 寝る時にぬいぐるみを抱かせる
  • 寝る時に好きなおもちゃを抱かせる

上記以外にもいろいろとしてみました。

でも、「夜泣き」するんですよね。

f:id:offside0051:20190226135312p:plain

「夜泣き」の原因

「夜泣き」の原因は特定されていないらしいです。

おそらくは「睡眠の発達過程」ではないかと言われてもいます。

つまり、ある一定の時期までは「夜泣き」するものだと思って、子どもと接していかないといけない訳です。

 

「夜泣き」で悩んでいるパパさんへ

なぜ、今回「夜泣き」に解決法がないのに記事にしたかと言うと…

 

いつか「夜泣き」しなくなって、落ち着きますよって伝えたかったからです。

 

トンネルの先が見えない悩み事って、つらいじゃないですか。

でも、「夜泣き」に関しては2歳過ぎくらいで落ち着きます。

 

うちの場合は子供がふたりいて、そのトンネルが長くなってしまいましたが…。

 

少し気を遣わなくてはならないのは、「ママさん」も寝不足だという事です。

先ほども記述しましたが、うちは「共稼ぎ」です。

だから、お互いに協力しながら睡眠時間をとってきたつもりです。

でも、どうしても子供は母親にあやしてもらいたがるものだと思います。

その分、パパよりもママの負担が多くなります。

 

その点を加味して、少しだけ負担をパパさんが多く背負うくらいの気持ちで「夜泣き」に対処したほうがいいのかなって、経験則で思っています。

 

もし、これから「夜泣き」に対処するご両親の方へのアドバイスです。

  • 眠れるときに寝ましょう。
  • 子どもを寝かしつけで一緒に寝てしまっても、後で「夜泣き」の為に起きます。いっそのこと、一緒に寝る準備をしてから寝かしつけましょう。
  • 「夜泣き」でイライラしていたら、そのイライラが子供に伝わり、さらに泣きます。好きな「音楽」や「ラジオドラマ」「ポッドキャスト」などをスマホに準備しておきましょう。

f:id:offside0051:20190226130019p:plain

気持ちに余裕をもって、子どもに接していきましょう。

必ず、落ち着きますので!

 

 

www.titiseityou.work