優柔不断な父親の成長過程日記

育児仲間募集中の二児の父親。「子育て」「サッカー」を中心とした日記調ブログです。ショートショートで気軽に読めるブログを目指してます。

【ヴィッセル神戸は29位】「世界のサッカークラブ財政ランキング」

 こんにちは、おふと申します。

f:id:offside0051:20190226125432p:plain

 「ヴィッセル神戸」の魅力を発信していきたいという、いちファンが勝手にクラブの魅力を綴っていきます。 

今回は「世界のサッカークラブ財政ランキング」という話です。

 

 

 

 

 

 

「世界のサッカークラブ財政ランキング」

「財務的な要素」をランキング化した「Soccerex Football Finance 100」

サッカークラブが健全に成長していくには「財務的な要素」というのが非常に重要になってきます。

 

 その「財務的な要素」をランキング化した「Soccerex Football Finance 100」というレポートが公開されたニュースが出ていたのでご紹介します。

 

『Soccerex Football Finance 100』 は、プレーヤーの価値、有形資産、銀行の現金、潜在的な投資、純負債という 5つの主要な財務的要素から各クラブにポイントをつけ、ランキング化している。

 

web.ultra-soccer.jp

 

「ヴィッセル神戸」は世界29位

このランキングで、神戸は29位でした。

Jリーグからは神戸のほかに「名古屋グランパス」がランキングされています。

 

◆『Soccerex Football Finance 』TOP30

1位:パリ・サンジェルマン(フランス):5,318
2位:マンチェスター・シティ(イングランド):5,197
3位:バイエルン(ドイツ):3,888
4位:トッテナム(イングランド):3,441
5位:レアル・マドリー(スペイン):3,336
6位:アーセナル(イングランド):3,150
7位:チェルシー(イングランド):2,893
8位:リバプール(イングランド):2,616
9位:ユベントス(イタリア):2,195
10位:ドルトムント(ドイツ):2,154
11位:アトレティコ・マドリー(スペイン):2,049
12位:バルセロナ(スペイン):2,036
13位:RBライプツィヒ(ドイツ):1,949
14位:ホッフェンハイム(ドイツ):1,922
15位:広州恒大(中国):1,853
16位:マンチェスター・ユナイテッド(イングランド):1,743
17位:ナポリ(イタリア):1,670
18位:ロサンゼルスFC(アメリカ):1,657
19位:レバークーゼン(ドイツ):1,551
20位:モナコ(フランス):1,443
21位:レスター・シティ(イングランド):1,372
22位:ロサンゼルス・ギャラクシー(アメリカ):1,551
23位:ゼニト(ロシア):1,309
24位:名古屋グランパス(日本):1,275
25位:インテル(イタリア):1,200
26位:リヨン(フランス):1,197
27位:シアトル・サウンダーズ(アメリカ):1,146
28位:バレンシアFC(スペイン):1,087
29位:ヴィッセル神戸(日本):1,079
30位:シャフタール・ドネツク(ウクライナ):1,048

 

このランキングで興味深いのは

  • 中国 1クラブ
  • アメリカ 3クラブ
  • 日本 2クラブ

 とヨーロッパ以外の地域のクラブもランキングされている事です。

 

世界的にサッカーを視れば、伸びしろがある地域が多いのではないでしょうか?

ヨーロッパ一極化しているのが現在のサッカー世界観ですが、このランキングをみてみると、少し違う角度から視えてくるものもあるかと思います。

 

マンチェスターシティの粉飾決算 

「サッカークラブの財政面」の話で大事になりつつあるのが、「マンチェスターシティの粉飾決算疑惑」の話です。

「Soccerex Football Finance 100」でもランキング2位だったクラブの粉飾決算疑惑です。

 

www.goal.com

 

この問題は「チャンピオンズリーグに2年間出場停止」という罰則が先行してニュースになっていますが…

この話が「粉飾決算」に当たるのであれば、クラブの信用に関わる問題に発展します。

 

「粉飾決算」で最近話題になった日本企業は「東芝」ですよね。

あれは「利益の水増し」だったのとマンチェスターシティーは「上場企業」ではないので「粉飾決算の影響」のダメージは変わると思いますが…

 

mastory.jp

 

東芝の場合

  • 主力事業「家電・東芝ライフスタイル」を中国企業に売却 <「東芝ライフスタイル」株80.1%を売却、今でも「東芝」として売っていますが中身はほとんど「中国企業」>
  • 主力事業「テレビ・東芝映像ソリューション」を中国企業に譲渡 <「東芝映像ソリューション」株95%を譲度、今でも「東芝」として売っていますが中身はほとんど「中国企業」>

 

懸念される「シティーグループ」への影響

「マンチェスターシティー」は世界的なサッカークラブグループの総本山的存在です。

「シティーグループ」という大きな企業体の中に「マンチェスターシティ」「ニューヨークシティ」「メルボルンシティー」などのサッカークラブがあります。

日本には「横浜Fマリノス」がその一翼を担っています。

 

つまり、「マンチェスターシティーの粉飾決算」は回りまわって「横浜Fマリノス」へ影響を及ぼす可能性を秘めているという事です。

 

この「マンチェスターシティーの粉飾決算疑惑問題」はJリーグにも他人事ではない問題になりそうな予感がしています。

 

**************************************

ヴィッセル神戸に関するブログはこちらに沢山あります!

ぜひ、他のブログもチェックしてみてください。

 

にほんブログ村 サッカーブログ ヴィッセル神戸へ
にほんブログ村


ヴィッセル神戸ランキング

 

 

www.titiseityou.work