優柔不断な父親の成長過程日記

育児仲間募集中の二児の父親。「子育て」「サッカー」を中心とした日記調ブログです。ショートショートで気軽に読めるブログを目指してます。

「マイナポイント」は「ATM」で申し込めば、簡単だった!

こんばんわ。

おふと申します。

 

f:id:offside0051:20190226131058p:plain

 

今回の記事は「マイナポイントの申し込み」についてです。

「マイナポイント」は政府が実施している経済対策です。

 

正直、経済対策なのにあまり効果的ではないような気がしています。

 

なぜなら「わかりにくい」から。

 

でも、「わからない」から「参加しない」のは「もったいない」と思うので…

とりあえず、やってみました!

 

 

 

「マイナポイント」は「セブン銀行のATM」で申し込めば、簡単だった!

まずは「マイナポイント」とはなに?

というところから始まると思います。

 

形式に則って、「総務省」の「マイナポイント」を説明しているホームページがこちら。

 

mynumbercard.point.soumu.go.jp

 

それと「YouTube」の動画。

 


マイナンバーカードでマイナポイント

 

という「マイナポイント」の内容です。

お分かりいただけましたでしょうか?

 

「マイナポイント」なんて「ポイント」は実在しない

僕も混乱したのですが…

 

「マイナポイント」なんて言う、政府が発行している「ポイント」は存在しない。

 

ここをまず理解しないと、出だしの一歩で混乱してしまいます。

なぜ、こんなネーミングにしたの?と思ってしまうのですが…

 

  • 「マイナポイント」という「ポイント」はない
  • いつも使っている「楽天ポイント」「WAON」「nanaco」などに「購入後」に5,000円分を上限に追加されるポイント

 

理解すべきはこの2点です。

 

だから、

最初に決めなければならないのは…

 

  • 「マイナポイント」の5,000円分を付与させたいのは、どの業者の「ポイント」か?

 

という事です。

 

僕は「楽天ポイント」を選択しました。

なぜなら。いつも使っているポイントだからです。

 

いつも日常で使っているポイントを選択するのがベターなのかなと思います。

 

「楽天カード」に「マイナポイント」を申し込む

僕の場合は「楽天カード」。

 

 

「楽天カード」の場合、気を付けなければならないのは

 

  • 付与のタイミングが、利用金額の累積が2万円に達した月の翌々月25日

 

ここは重要です。

 

つまり、

  • 2万円を使わないと、「マイナポイント分」の5,000ポイントは付与されない

という事です。

 

これは絶対に気を付けてください。

 

「マイナンバーカード」が必須…あとはATMで簡単登録

 「マイナポイント」の申し込みで一番の難関は

「マイナンバーカードの取得」だと思います。

 


飯尾和樹とマイナンバーカードを作ってみた!

 

これをさせたいが為に、総務省は国民一人に対して5,000円を用意したと言っても過言ではないでしょう。

 

「マイナンバーカード」が手元に来たら、

 

  • マイナンバーカード
  • マイナンバーカードのパスワード
  • 決済サービスID(楽天カードのホームページで確認)
  • セキュリティコード(楽天カードのホームページで確認)

 

を用意して、最寄りのセブンイレブンのATMで入力するだけ。

 

ATMの操作方法はこちら

https://mynumbercard.point.soumu.go.jp/doc/operate_procedure_02.pdf

 

「マイナポイント」をまだ申し込んでいないなら、急いで申し込まなければ損ですよ。

 

例えば、

「DAZN年間視聴パス 17,500円」

「ヴィッセル神戸ファンクラブ(レギュラークルー) 3,300円」で

合計 20,800円。

 

これで、5,000円分の楽天ポイントが付与されます。

 

www.vissel-kobe.co.jp

 

やってみて、損はないと思いますよ。

期限は来年3月です。